読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すこしふしぎ.

VR/HI系院生による技術ブログ.まったりいきましょ.(友人ズとブログリレー中.さぼったら焼肉おごらなきゃいけない)

回想録ー其ノ一ー幼少期

life

こんばんは.1000_chです. どうも最近参加しているブログリレーにて過去回想が流行っています. 技術記事もいいけれど,個人を知ることができ,とても楽しく読ませていただいています. 考えさせられることも多く,自分はどうだろうか?と問いなおしたりしています.

いい機会なので,今の自分がどのようにして形成されたのか,振り返ってみます.

なお日本酒飲みまくったせいで結構辛いです.文章になってなかったらごめんなさい.

幼少期

そんな昔からかよ!ってツッコミが聞こえてきそうなのですが,自分の根本はこの辺りだと思っているので気にせずここから話は始まります.

実は自分,幼稚園から小学校にかけてかなりの病弱っ子でした. 喘息持ちだったこともあり,ちょこちょこ病院にお世話になっていたんです. でまぁ当然のことながら,おこちゃまが病院行っても基本楽しいことなんて何もないんですよ. 注射されないよう祈ってるくらいです.

そんな日々のなか,ある日楽しみを見つけました. それが読書です.

きっかけはふと病院の待ち時間で本棚の一冊に触れたこと. 最初はただの暇つぶしだったのですが,これが思った以上に面白い. 本の中には,自分の知らない世界がいくらでも広がっています. 普通に生活していたら体験できないような物語が,至る所で繰り広げられています. あっという間に(というのも切ない話なのですがw)病院待合室にあったおこちゃま向け本はあらかた読んでしまいました. そっからは病院行くことになるたびに親に本を買ってもらっていた気がします.

今考えるとポケモン全盛期でゲームとかやんなかったの?とも思うのですが,いやぁ読書好きでしたね. ゲーム触りだしたのは小学校高学年で,もちろんそれにもハマったりはしたのですが,読書をやめることは有りませんでした.

いつしか絵本を離れ,まさかのミステリに手を出し始めます. もともと親が二時間ドラマ好きで,火サスとか土曜ワイドとかよく見ており,ミステリという分野はもともと好きだったのですね.

ここで本格的に読書にはまりました. ミステリという著者との論理の戦いがなんと楽しい. もちろん推理なんてできないのですけれど,解決したときの快感がなんともいえない. そのうち少しずつ論理を追えるようになるとより楽しくなり, またミスリードに引っかかることさえ気持ちよくなりました,

...なんつー小学生でしょう.

振り返るとまぁ小生意気なという感じですが,物事を考える論理力のベースはここにあると思ってます. そのせいか,数学も好きになりました. いってみれば数学はパズルのような感覚で,「条件は出そろった.ではその結末は?」というミステリに通ずるものを感じていたのだと思います. 一方で知識を問われる社会科は嫌いでした. 「そんな記述しらねーよ!アンフェアだ!」という気分になってしまうからです.

話を戻して.

もう一つ幼少期から好きだったものが工作です. 暇さえ有れば訳の分からんものを作っていたように思います. 新聞紙丸めてガムテープでぐるぐるまきにして剣をつくったりってのはまだわかるのですが, ぬいぐるみつめる小屋とか,なんか粘度こねたものとか,いろいろ作りました.

趣味が高じて小学校高学年時には工作クラブに所属します. ここでやったことがまたアホかと思うのですが,1年間ずーっと木の板に釘をうちつけてビー玉転がす迷路を作ってました. それも一つの大作を,ではなく,毎回開始時に板を一個ひろってくるところからスタートです. よくもまぁ飽きずに1年間トンカンやってたものだと思います. でもこれ,おそらく自分の原点といえる体験なんです.

というのも,毎回板をもらった時点で,「あ,こんなギミックつくったらおもしろいかも!」っていうインスピレーションが浮かぶんです. 毎回形の違う板で,瞬間的にこうしてみたい!って思いが生まれるんです. そしてそれをすぐさま形にしていく. 途中で別のアイディアが出れば,すぐにそのルートに道をつないでいく. ゆーてただの板と釘なので,誰も止める人はいません. 「自分がやりたいと思ったことをすぐに形にできる」という体験に魅せられていたのかもしれません.

とまぁこんな感じの幼少期を過ごしましておりました. 振り返ってみてもいまとやりたいことはほとんど変わってないです. 数学好きだしものづくり好きだし,ってことで将来は「なんかすごいものつくりてえ」って思ってました. なのでこの後,中学高校は理系の道を進んでいくのですが,またこの中で工学部をめざすきっかけが有ったりします.

次回はそのあたりの話をしていきますね.

...これ何回続くのかなぁ.書きまくったらとまんねーやw