読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すこしふしぎ.

VR/HI系院生による技術ブログ.まったりいきましょ.(友人ズとブログリレー中.さぼったら焼肉おごらなきゃいけない)

【Max/MSP】jsオブジェクトでリスト処理【JavaScript】

お久しぶりです.1000chです. 修士論文と戦いはじめブログ停滞からはや5ヶ月. 怒涛の修士論文の後,激動の新社会人生活にもなれ,だんだんと落ち着いてきました. ということでそろそろブログ再開したいなと思った次第です. 方向性は以前と変わらずやりたいことやってく感じで.

Max7.0が出た

Cycling '74|MAX 7 | エレクトロニックアート&ミュージックの共通言語 - MI7 Japan

今更か,って話ではあるのですが,Max/MSPが2014年末(位だった気がする)にメジャーアップデートされました. 緑ベースのイメージから黒ベースに変わり,スタイリッシュ度が増しています. UIも結構変化しており,ユーザが自由にカスタマイズできるようになっているみたいです. にわかMax使い的には sfplay~ がmp3に対応したことや, js オブジェクトにおいて require が使えるようになったことなどに注目です.

f:id:ism1000ch:20150511012604p:plain Max7.0のUI.黒ベースでかっこいい

jsオブジェクトでリスト処理

というわけで早速Max7.0をDLし触ってみたわけです. その中で以前書いた以下の記事とか参考に久しぶりにMax使ってjs書いていたんですが, 思った以上に使い方を忘れていました.

【Max/MSP】jsオブジェクトでプログラミング【javascript】 - すこしふしぎ.

そこで,少しづつtips的に「これどうやるんだっけ」を備忘録として残しておこうという次第です. (と,いうかなぜ残していなかったんだ自分...

で今回はこんなことをやりたいな.と.

f:id:ism1000ch:20150511005942p:plain

幾つかのintをpackでまとめてリスト化し,これをjsオブジェクトで処理します. 基本的なjsオブジェクトの使い方は,

  • inlet/outlet の指定
  • 反応したいメッセージと同じ名前の関数を定義
  • 適宜処理してoutlet関数で次へデータ投げる

というもの. リストは"list"メッセージとともに送られてくるので, list()関数を定義すれば良さそうですね.

適当にやってみます(以下,coffeescriptで書いてます. https://github.com/kchmck/vim-coffee-script で快適なcoffeeライフを送りましょう).

inlets = 1
outlets = 1

list = (vars) ->
  post vars
  post()

出力

js . 1
js . 2
...

...どうやらこれでは,リストの第一要素のみしか取れないようです. varsに配列が入ってくることを期待したのですが...

困った時の公式解説です. リスト処理してるっぽい箇所を探してみると...

To handle Max lists, i.e., a message that begins with a number, call your function list. In implementing a list function, you’ll probably want to use the Javascript arguments property, since otherwise you couldn’t handle input of varying length.

どーやら可変長引数に対しては arguments を使うのが良さようです. 改めてやってみましょう.

list = () ->
  post arguments
  post()

出力

js . jsobject 290xxxxxxx

これはオブジェクトそのものでした...

今度は中身を覗いてみます.

list = () ->
  post (x for x in arguments) # coffeescriptのリスト内包処理
  post()

出力

js . 1 4 2

いい感じにpackされたすべての変数を覗くことが出来ました! リスト内包式で配列化してしまえばあとはよしなに,で行けそうです. 生jsで書く場合も arguments.length でfor文回して arguments[i] を取得していけばokでしょう.

なお,jsオブジェクトからリストを出力する場合は

list = () ->
  data =  (x for x in arguments)
  outlet 0,data

とすればokです. 要はoutlet関数に配列ぶっこむだけ,ですね.

jsオブジェクトでのリスト処理,わかればなんてことないですが,知らないとちょっと苦しいかも.

可変じゃない引数だったらもしかして...と思って書いてみました.

list = (v1,v2,v3) ->
  post v1
  post v2
  post v3
  post()

出力

js . 1 4 6

なんてことない,ふつーにイケてますねw 「可変数でない」かつ「引数が少ない」場合は,直接list関数の引数を増やすほうが可読性高くて良いかも.